結婚指輪「ヴィンテージ」の特徴 | 作ってみたい!手作り指輪

HOME » 指輪について » 結婚指輪「ヴィンテージ」の特徴

結婚指輪「ヴィンテージ」の特徴

結婚指輪「ヴィンテージ」タイプとは?

結婚指輪には、ヴィンテージデザインというものがあります。
ヴィンテージデザインとは、昔からの手法で制作されたデザインのことで、別の言い方ではアンティークともいいます。
古風で味のあるデザインは、身に着ける人の世代を選ばず、幅広いユーザーに好まれている芸術品でもあります。

ヴィンテージ結婚指輪の特徴

結婚指輪というとシンプルなデザインが好まれがちですが、オリジナリティを求めるのであれば、ヴィンテージデザインの指輪を選ぶといいです。
ヴィンテージデザインの結婚指輪は、クラフト感のあるものや年代物感を身に纏わせたデザインのものが多く世に出ています。

オーバルヴィンテージリング

カジュアルでファッショナブルなヴィンテージ調の結婚指輪を、売り出しているブランドがあります。
それは「オーバル」のヴィンテージデザインです。
ここの指輪は、職人が丹念に手仕上げしたもので、非常に味のあるデザインとなっています。
若い世代から熟年の夫婦にまで、愛用される結婚指輪ですので、気になる人はブランドをチェックしてみるといいでしょう。

オーバルヴィンテージの価格帯

オーバルは、オーダーメイドで、指輪を制作してくれるブランドメーカーです。
そこで制作されるデザインパターンのひとつ「オーバルヴィンテージ」は、リングの表面を叩いて独特な見た目を作り、ワンポイントにダイヤを装飾します。
素材はプラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、シャンパンゴールドから選ぶことができ、価格は6万5000円から。
一般的なブランド指輪よりも、安価に注文できるのがここの魅力のひとつでしょう。

ヴィンテージ結婚指輪の口コミリサーチ

ヴィンテージ結婚指輪の口コミを調べてみました。
そうすると、20代前半から30代後半までの世代が、好んで身に着けているみたいです。
趣味が分かれるデザインですので、「こういうのはちょっと......」という人もいますが、好きな人にはとことん好まれるデザインなのでしょう。
男女共に、好む人と好まない人が分かれる種類の結婚指輪だといえます。