結婚指輪とダイヤ | 作ってみたい!手作り指輪

HOME » 指輪について » 結婚指輪とダイヤ

結婚指輪とダイヤ

結婚指輪とダイヤ

結婚指輪の購入や製作にあたってどんなデザインにするかを決めていきますが、ダイヤをどうするかをこのときに決める場合も多いです。
石付きといってつまりはその結婚指輪に宝石をつける場合、ほとんどの場合はダイヤとなります。
これをつけるかどうか、つけるとしたらどんなダイヤをどのように付けるか、これを決めていきます。
どのように決めても自由ですが、ダイヤをどうするかを決める必要がある場合は多いですから、どうするか考えておくといいでしょう。

結婚指輪にダイヤは必要?

そもそも結婚指輪にダイヤは必需品というわけではありません。
石がついていないモデルもあります。
それを選んでも問題はありません。
これをつけるのは、付けた方がその指輪がよりきれいで高級感も上がるためです。

せっかくの結婚指輪ですから、少しでもきれいで高級な指輪にしたいならダイヤをつけることも考えるといいです。
その代わりにダイヤをつけるとお手入れの手間が出たり、指輪から外れるリスクがあったりと、使うときには少し注意が必要になります。
興味や必要性、指輪の使いやすさなどを総合してダイヤをつけるかどうか、判断するといいでしょう。

ダイヤをつける場合

結婚指輪にダイヤをつける場合、どのようなダイヤをどのようにつけるかを決めていきます。
一口にダイヤ付きの結婚指輪といっても、リングに小さなダイヤを一つだけ埋め込んだものから、高級なダイヤモンドをリングの全周に取り付けたものまで、いろいろなものがあります。
もちろん高級なダイヤをたくさん選ぶほど結婚指輪の料金も高くなり、必要な予算が多くなります。

まずは予算の関係で選べるダイヤモンドの種類や数などを大まかに絞り込むといいでしょう。
選べる範囲の中で、どのようなダイヤをどうつけるかを選ぶといいです。
大きなダイヤを選んだり、付けるダイヤの数を増やしたりすると、それだけ完成品の指輪は見た目が華やかになり、高級感も高まります。
予算とも相談しつつ、どのようにダイヤをつけるか決めるといいでしょう。