作ってみたい!手作り指輪 | 作ってみたい!手作り指輪

HOME » 指輪について » 作ってみたい!手作り指輪

作ってみたい!手作り指輪

手作り指輪と既成品指輪の違いは?

手作り指輪の魅力とは何か、既成品とどう違うのでしょうか。

既成品の指輪は形が整っており、比較的安い値段で購入できます。

しかし安い値段で購入できるのは、工場で大量に生産されているからです。

しかも質の悪い素材で作られているのも多く、直ぐに壊れてしまいます。

一方手作り指輪の場合、素人が手作りした指輪となると形はいびつです。

値段は高く、ものによっては高級車一台買えるほどです。

しかし高い値段がついている理由は、大量生産ができないからです。

高級車一台分の指輪となると、手がけているのは世界最高峰の指輪職人です。

指輪職人が1つ1つの工程を丁寧に作り上げており、芸術品と言っても過言ではありません。

使われている素材も一流のものばかりで、大切に扱えば孫の結婚式にも使えるでしょう。

手作り指輪は本当に手作りできるの?

高級車一台分と同等の価値がある指輪を手作りできるのは、プロ中のプロである指輪職人です。

果たして素人が、指輪を手作りすることは可能でしょうか。

ファッション用ではなく、結婚指輪を手作りすることもできるのでしょうか。

結論を先に言えば「YES」です。

結婚指輪を専門的に取り扱っている工房であれば、プロの職人が丁寧に結婚指輪の作り方を教えてくれます。

手先が驚くほど不器用な方でも、職人のフォローが入るので問題ありません。

もし手作りの結婚指輪を手にしたいのなら、工房に一度問い合わせてみては如何でしょうか。

どうやって結婚指輪を手作りするの?

問題は、「どうやって手作りの結婚指輪を作るか」でしょう。

作り方に関しては工房によって違うので一概には言えませんが、多くでは「鋳造」という方法が用いられています。

ワックスを削って鋳型を作り、鋳型の中に結婚指輪の素材となる金属を溶かしたものを流し込み、指輪の形を作る方法です。

手がけるのは鋳型を作る工程で、素材を流し込み形を整えるのは職人に委ねられます。

鋳造は工房だけでなく、多くのジュエリーブランドでも用いられている制作方法です。

中には、素材を鍛えて指輪の形を作る「鍛造」と呼ばれる方法を取り入れている工房もあります。