洗い物にも使いやすい結婚指輪 | 作ってみたい!手作り指輪

HOME » 指輪について » 洗い物にも使いやすい結婚指輪

洗い物にも使いやすい結婚指輪

使いやすい便利な結婚指輪を作ろう

洗い物のときに外したりせず、そのまま使える方が便利ですよね。

そのような指輪をこれから作りたいならおすすめのポイントがいくつかありますのでご紹介しましょう。

頑丈な素材を選ぼう

洗い物のときは外すこともおすすめされるのは、食器などとこすれて傷がつく場合があるためです。

柔らかい素材を使うほど一度の洗い物で指輪が傷だらけになりますから、なるべく頑丈な素材を選びましょう。

傷がつかないわけではありませんが、目立つ大きな傷はつきにくくなります。

結婚指輪によく使われる素材ならチタン、パラジウムなどはかなり頑丈でおすすめです。

プラチナやゴールドも合金なら十分な強度があります。

変色に強いものを選ぼう

水気は金属の変色の原因になりがちで、これも洗い物のときに指輪を外すことをおすすめされる理由の一つです。

そのまま使いたいなら変色に強い素材で指輪を作るのがおすすめです。

チタンやパラジウム、合金のプラチナやイエローゴールドは変色にかなり強い素材です。

ピンクゴールドは変色しやすい素材ですから注意してください。

宝石について

洗い物にも使える結婚指輪を作るには、水気に強い宝石をつけることをおすすめします。

人気の高いダイヤは水気にも強く、かなりおすすめの宝石です。

さらに取り付け方にもコツがあり、なるべく外れにくい方法で取り付けましょう。

大きなダイヤをリングの上に乗せるように取り付けると洗い物のときの衝撃やひっかかりなどによって外れるリスクが高まります。

小さなダイヤをリングに埋め込むなど外れにくい方法で取り付けるといいでしょう。

裏石という形でリングの裏側に埋め込むのもおすすめです。

手作り前の設計時に十分な注意を

ご紹介したようなポイントは結婚指輪を実際に手作りする前、最初の設計の段階で決める内容です。

このときに完成後の使いやすさも考え、洗い物にも使いやすい条件にしておくといいでしょう。

どんなものなら使いやすいかはご紹介したポイントのほか、工房の職人にも相談しながら決めると確実です。