結婚指輪やエンゲージリングを手作り | 作ってみたい!手作り指輪

HOME » 指輪について » 結婚指輪やエンゲージリングを手作り

結婚指輪やエンゲージリングを手作り

大切な指輪を手作りしてみよう

結婚指輪もエンゲージリングも自分の手で作れます。

もちろん自宅でやるのではなく、手作り工房を利用するのがおすすめです。

材料や道具の準備のほか、プロの職人のサポートがあるため、まったくの初めてでも市販品とほとんど変わらないものを作れるのです。

完成品の品質がいい上に、自分自身のハンドメイドという特別さや満足感があり、市販品では手に入らない特別なジュエリーになるのです。

作り方について

指輪を作る方法は実は2つあります。

作業が簡単で、複雑なデザインも作れるものがよければワックスを使った方法がおすすめです。

まさに指輪作りという雰囲気を楽しめ、なるべく頑丈な指輪にしたいなら棒状の金属を熱して叩くなどして指輪にしていく方法がおすすめ。

どちらになるかは工房次第です。

好きな方を選べる工房もありますが、どちらかのみとなる工房も多いです。

希望の作り方があれば事前に決めておき、それによって工房を選ぶといいでしょう。

デザインを決めよう

工房では製作に入る前にデザインを決めます。

結婚指輪、エンゲージリングとそれぞれよくあるデザインでもいいですし、オリジナルにもできます。

ただ、先にご紹介した作り方のうち、棒状の金属を加工する方法では基本的にストレート系の指輪になりますから注意してください。

その範囲での希望ならOKですが、ウェーブやV字などリングが変化するデザインを希望するならワックスによる作り方がおすすめです。

宝石については工房で準備し、取り付けも職人がすべてやってくれる場合が多いです。

どんな宝石をどこにつけたいかをここで決めてください。

工房で相談してみよう

実際の作業は工房で職人から説明があり、作業中のサポートもありますからそれほど心配はいりません。

大事なのは希望の作り方を決め、それができる工房を選び、まず相談してみることです。

基本的に完全予約制としているお店が多く、飛び込みでの利用は難しいため、早めに予約を取っておきましょう。

WEBで予約を取ったあと、当日に作りたい指輪の相談をしてください。

急ぐときは相談が終わり次第すぐに製作へ入れることもありますが、デザインの打ち合わせや料金の確認に不備が出ないように注意してください。